任意売却のメリット

競売と任意売却の違い

任意売却とは競売より有利な条件で不動産を処分する方法とは聞いているけれど、実際どう有利なのか。任意売却は、主に金銭面で債務者と債権者の両方に有利になり、クライアント様の状況にもよりますがプライベート面等に関しても非常に有利になる可能性は高くなります。

  任意売却の場合 競売の場合
売却価格
相  場
売却先は一般エンドユーザーなので、市場相場価格にて売却できるため、残債務の負担を軽減できます 落札者の大半が不動産業者なので、市場相場価格より低い価格で落札されるため残債務の負担が多く残る
売却方法 一般の売却物件と同じ。近隣の方へは競売にかかっていることを知られずに売却が可能。身内等への買い戻しも可能です 公示の時期が到来すると、新聞・情報誌・ネットなどで競売公告が掲載され、ご近所、ご親戚、取引先に競売にかかっている事が知られます
転居費用等 転居に要する費用を捻出することができるので、転居時の負担を軽減できます。 転居費用の捻出ができない
転居時期 時期、期間は自分で選ぶこともでき、買主と相談もできます。 競売で落札されれば、落札者より無条件、短期間で強制退去させられます
売却経費 仲介手数料、売渡登記費用等の売却経費は必要となりますが、売却代金の中から捻出させていただきますので、現金をご用意していただく必要はありません 費用は一切かかりませんが、売却価格が市場相場価格の6〜7割のため、格安価格で落札者へ売却することになります
売却後の
残債務
売却後の残債務については、低額での分割弁済等相談も可能 競売後の残債務についての返済条件等は一切相談には応じてもらえません

債権者(銀行・住宅金融支援機構)等に
より多くの返済ができる。

任意売却は、ごくごく一般的な不動産の販売方法で不動産市場に売りに出します。 従って、市場価格に近い値段で売却することができます。
競売:最近では市場価格から3割〜4割りは低い値段での取引となっております。

売買価格が違うと何が違うのか?
債権者(銀行または住構保証会社)への返済するお金が違って来ます。返済する金額が違って来ると何が違うのか?

返済する金額が違って来るとどうなるの?
任意売却後/競売後に残る住宅ローンの返済額が大きく違って来ます。それと、引越し代の額にも大きく作用して来る場合も往々にして考えられます。
競売後も任意売却後も残った返済仕切れない住宅ローンの残債の返済が出ます。
この残債は不良債権となって、サービサー間を転売に次ぐ転売を繰り返すことも考えられます。何年か経過してご自分が経済的に立ち直った時に、過去の不良債権の処理をしようと考えた際に出費するお金が少なくて済むことになることを考えて1円でも高く不動産を売っておいた方が良策なのです。

任意売却終了後に残るローンの返済額

任意売却の場合、処理をして行く過程で、債権者と当社と依頼人とで、任意売却終了後の返済条件などの交渉が有ります。 私たちは、依頼人の収支を考慮し、依頼人の要望をくみ取り、それを債権者に提示し、お願をします。
競売では、一応、債権者も競売後の収支を考えて返済額を提示しておりますが、その額は任意売却の比では有りません。3倍〜 5倍近くの差が有るケースが有ります。

(↑このページの先頭へ)

競売開始がされても任意売却に切り替えができる。

裁判所から「競売開始決定通知」が届いても、任意売却に切り替えることができます。ただし、期間がありますので、「競売開始決定通知」が届いたなら早めの対応が必要です。
住宅金融支援機構の場合には、一度、競売まで発展してしまうと任意売却を認めてくれない場合が有ります。 理由は、競売に行くまでに何度も話し合いのチャンスを提供したのに、それに対して誠意をみせなかったからだとの理由からです。
住宅ローンを滞納しているのなら、早めの動きが必要となります。

競売となるとウサン臭い連中がうろつきますよ。

悪い人たちでは無いのですが、胡散臭い容貌の方々が訪れます!
競売となりますと、その物件に入札したいと考えている投資家の方々、不動産業者の方々が物件の下見でウロウロとしだします。

自分で交渉をする立ち退き費用/引越し代

任意売却の場合 引越し代は確実に出ない方向に向かっています。
ですが、当社では、物件の購入者との直接交渉およびお願いで大金では有りませんが引越し代及び(プラスアルファー)の捻出をおこなっております。
競売の場合 ご自分で落札者と交渉をしなければなりません。
精神的にタフな方であれば落札者と渡り合えるでしょうが、貴方はいかがですか?
(↑このページの先頭へ)
法律事務所の皆様へ 任意売却とは ローンが残っても売れるの? 任意売却の費用は 任意売却の進み方 競売開始決定 お問い合わせフォーム 住宅ローンの