任意売却の進み方

任意売却が終了するまでのプロセスです


競売と任意売却の大きな違いは、売買価格だけでは無いのです。
毎月、毎月、毎月、夫婦で歯をくいしばって月々10万円だ、15万円だ、そしてボーナス払いで10万円だ、25万円だと返済し続けて来て、それもとうとう行き詰ってしまい、泣く泣く競売でマイホームを手放なすことになってしまって。
競売が終わっても、返済し切れなかった住宅ローンの返済の請求はされ続けます。
そして、競売後はさすがに以前と同じ額ではありませんが、それに近い額の返済を求められることも有ります。
マイホームは取り上げられるし、かなりの額の返済は求められるし…。
ですが、マイホームを手放したあとも、同じだけ払い続けることは出来ますか?
さすがにそれは無理ですよね!
そんな事が出来るんだったら、ごマイホームは競売にかけられることなんて無いわけだし…。

任意売却だと私たちが残るローン返済の交渉を行います

依頼された不動産の販売を行い、そして購入者さんが現れた場合、債権者に売上金の配分などの交渉を開始いたします。
その交渉と同時に、債権者の方々と返済し切れない住宅ローン(残債といいます)の返済条件交渉をスタートさせます。
この返済額の交渉は、債権者各社と私たち業者が勝手の行うのでありません。
ご依頼人の意向を最大限に私たちが代弁するのです。
住宅ローンを融資している側としては本来、貸したお金全額を返済しなければ、不動産に付けている抵当権の抹消をしてくれません。

売買価格< 住宅ローン= 差額を一括返済(不足分)

本来は不動産売却時に、不足分について「一括返済」をしなければ売却ができません。
でも、『そんなお金があるなら、住宅ローンだって滞りなく返済できてますよ〜!』ということで、ご依頼人が支払える金額、例えば、"月々5千円とか1万円で何とかなりませんか?"っていう感じで債権者が要求する返済額と、ご依頼人が実際に支払える金額で折り合いを着けて行くのです。
お借入先が1社だったら、この交渉もスンナリと決まるでしょうが、これが2社・3社・4社と有る方は、それぞれについてお話し合いをすることになります。
返済し切れない住宅ローン(残債といいます)について、お支払いの義務は売却後も当然有りますし、請求もされ続けます。
債権者の中には任意売却後の返済に関しての契約を公正証書で結ぶことを要求してくる場合がございます。
上記でさせていただいた説明は一般論です。お借入れしている銀行、お借入れしている金融機関の数、お住まいの地域、お勤め先、連帯保証人の有無、消費者金融からのお借入れの有無等なの各個々人状況が大きく異なります、貴方の場合に付いて、個別にお話しを聞いてみようと思われた方は、お電話ください。

(↑このページの先頭へ)

私たちが関われるのはここまでです!

私たち、任意売却業者がご依頼人様に関われるのは不動産の売却終了時までです。
しかし、ご依頼人にとっては、不動産処分時では終われないのです。
その後、ご依頼人の残ったローン(残債務・不良債権)は、債権となってサービサーからサービサーへ転売を重ねられる場合が有ります。サービサーによっては、かなり強引に返済を求めてくる場合も有りますし、逆に全く返済を請求して来ない場合も有 ります。
私たちJAPANGROUP株式会社で任意売却を処理させていただいた方がへのアフターサービス/アフターフォローとして後年、ご依頼人が困った場合、ご連絡くだされば、対応方法についてご相談にも乗ります。また、希望されるのであれば弁護士や司法書士をご紹介することも可能です。
任意売却が終わった後も、起こる問題を、一人で悩まず、先ずお電話ください。以後、貴方は独りでは有りません。私たちがバックに居ます!

逃げるのはもの凄く疲れるみたいです・・

任意売却後の残債の返済をせずに逃げることを選択する方もおります。
逃げている方々から極たまに質問のお電話を頂戴することが有ります。 世間話の中で、皆さんが口を揃えて言う言葉は『逃げ回るのは疲れる!』です。

無担保債権

金融業界の隠語ではポンカス債権などといいわれております。
無担保債権とは、担保が無い状態の債権。借金を返済しなくとも取る物(借金のカタ)が何も無い借金のことです。お金を借りている方にとっては、無担保債務となります。
取られる借金のカタが無いのですから逃げようと思えば逃げることは可能です。任意売却セミナーの講師をしている人物で、任意売却後の残債は払わずに逃げろと公言をしてはばからない人物が居ます。
しかし、当社は逃げることはお勧めいたしておりません。
5年間逃げ回るよりも、月々5千円とか1万円の返済を地道に続けることをお勧めいたしております。なぜならば、逃げに逃げて、4年11ヶ月目に捕まってしまったらどうします? 今までの逃げていた時間が無駄になるんじゃないの?

お独りで悩んでいては何の解決にもつながりませんよ!

JAPANGROUP株式会社にご相談されたほぼ100%の方々が、「あの悶々としながらすごした日々はいったい何だった!」とおっしゃいます。
貴方もお一人で、またはご夫婦だけでお悩みにならず弊社にお電話をしてみてください!
住宅ローンの滞納、未払い問題で貴方に、任意売却がいいか、はたまた他の方法が良いか弁護士さん・司法書士さんとは違った観点からアドバイスができるかと存じます!

また、弊社では任意売却後の残った住宅ローンの支払い・債務に関しては、ご依頼者様にとって納得の行く内容で債権者側と交渉をし、そして話をとりまとめております。

強制競売から自分の財産を守り、自分の財産は自分の意志で、有利に売却しましょう。
私どもJAPANGROUP株式会社は専門知識をフルに生かしお客様の有利になる債権処理のお手伝をいたします。

お独りで考え込む、素人同士で意見を出し合う、ネット上の掲示板に質問を書き込んでチョットだけ詳しい人(?)に回答を貰う。それよりも、今、現在、現場で実際に任意売却の処理をしているプロに貴方の心の中のモヤモヤをぶつけてください。

(↑このページの先頭へ)
法律事務所の皆様へ 任意売却とは ローンが残っても売れるの? 任意売却のメリット 任意売却の費用は 競売開始決定 お問い合わせフォーム 住宅ローンの