ローンが残っても売れるの?

任意売却ならローンが残っても売却は可能です

通常、住宅ローンの残債務がある不動産を売却する場合には、債権者(銀行、保証会社等)へ住宅ローン残額を全額返済しなければ抵当権の抹消ができないため、第三者へ売却することはできませんが、任意売却なら住宅ローンの残額を残しても売却は可能になります。
任意売却という不動産の処分方法は住宅ローンが払えなくなってしまった方々への救済手段の一つです。したがいまして、任意売却は、住宅ローンの返済に支障をきたしていない方には適用できません。

売却後の残債務については低額での分割弁済も可能

任意売却または競売にて不動産の処分を行っても、大半の方は残債務が残ります。
ですが、任意売却の場合には、債権者の合意の上で担保不動産の売却を行いますので、売却後の残債務については低額での分割弁済の相談に応じてもらえますが、競売の場合は基本的に相談には応じてもらえないので、売却後の残債務についても任意売却の方が有利と言えるでしょう。

今は住宅ローンの滞納はしていないが、今後の返済が不安

現時点では住宅ローンを滞納していないが、今後の返済または次回のボーナス返済の目途が立たないという方はおられませんか?
任意売却は、早めのご相談がご自身にとってとても有利な場合が多くございますので、不安のある方はできる限りお早めにご相談ください。

任意売却という方法を逆手にとって

住宅ローンの滞納は起こしていないけれど、夫婦または義理の親子間で連帯債務や共有名義になっている担保不動産があり、離婚またはすでに離婚をしたので『担保不動産を処分して清算したい』という方にも任意売却なら、不動産処分+債務清算をすることも可能となります。
最近はこのようなご相談も増えてきております。

(↑このページの先頭へ)
法律事務所の皆様へ 任意売却とは 任意売却のメリット 任意売却の費用は 任意売却の進み方 競売開始決定 お問い合わせフォーム 住宅ローンの